矯正の治療例

矯正の治療例

歯並びや噛み合わせが正しい状態ではない「不正咬合(ふせいこうごう)」は、見た目だけでなく、
・虫歯や歯周病が出来やすくなる
・発音障害の原因となる
・顎関節症の原因となる口元やお顔が歪む原因となる
・頭痛や肩こりの原因となる
など、健康面にも大きな影響を与えます。こちらのような歯並びでお悩みの方はお気軽にご相談ください。

叢生(乱ぐい歯、八重歯)

でこぼこした歯並びのことをいいます。歯磨きがしづらく虫歯の原因になります。


上顎前突

前歯が前へ出ていることをいいます。見た目の問題のほかに、外傷を受けやすい、前歯で食べ物を噛めないといった障害が生じます。


反対咬合

下の歯が上の歯より外側にあることを言います。しゃべりにくい、食べ物がたべにくいなどの障害が起こります。


上下顎前突

上の前歯と下の前歯、両方が前へ出ていることを言います。常に口元が空いている状態です。横顔から見ると、口元が出て見えます。


過蓋咬合

下の歯が上の歯に隠れて見えない状態のことを言います。遺伝や乳歯の早期喪失などが原因です。


開咬

奥歯は噛んでいるのに前歯が噛みあってないことを言います。前歯で食べ物が噛めないため、奥歯で噛む習慣がつき奥歯に負担がかかります。また、正しいが発音がしにくいです。


正中離開(空隙歯列)

歯と歯の間に隙間が出来ている状態のことを言います。あごに対して、歯の大きさが小さい場合に起こります。


初診相談は無料です 詳しくはこちら 無料初診相談お申し込み
国際デンタルクリニック 新浦安
矯正センター

〒279-0012 千葉県浦安市入船1-4-1
イオンスタイル新浦安店 604
JR新浦安駅より、徒歩2分

TEL:047-711-1107

平 日 10:00-19:00
土・日 10:00-17:00

Pagetop